【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】温かみある寓話の世界 大島絵本館 降矢ななさん原画展

【富山】温かみある寓話の世界 大島絵本館 降矢ななさん原画展

ジャンル・エリア : 富山 | 展示 | 芸術  2018年06月06日

温かみのある色使いで描かれた「やもじろうとはりきち」の原画=射水市大島絵本館で

温かみのある色使いで描かれた「やもじろうとはりきち」の原画=射水市大島絵本館で

 東京都出身でスロバキア在住の絵本作家、降矢(ふりや)ななさんによる原画展が、射水市大島絵本館で開かれている。温かみのある色使いで描かれた2作品の約60点が並ぶ。7月19日まで。

 展示した「やもじろうとはりきち」は、仲良く育ったヤモリとハリネズミの物語。ヤモリは運動の苦手なハリネズミへ徐々に意地悪するようになるが、ハリネズミから身の危険を助けてもらい改心する。園児や児童らに友達との付き合い方を教えてくれる一冊だ。絵本の一場面を拡大し、人が入り込んで写真が撮れる撮影コーナーも設けている。

 「いそっぷのおはなし」は「うさぎとかめ」「きたかぜとたいよう」などイソップ寓話(ぐうわ)の人気9作品が、2~4ページずつで大胆に描かれている。絵本館の西小百合さんは「絵に語らせていて短い時間でも読みやすい。下塗りの様子が分かるのは原画ならでは」と話す。午前9時半~午後5時半。月曜休館、29日は資料整理日のため休み。大人510円、中高生310円、小学生100円。 (山本拓海)

旅コラム
国内
海外