【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】かれん 幻のアジサイ 「七段花」太閤山ランドで見頃

【富山】かれん 幻のアジサイ 「七段花」太閤山ランドで見頃

ジャンル・エリア : まつり | イベント | テーマパーク | 富山 | 自然 |   2018年06月07日

見頃を迎えている「幻のアジサイ」の七段花=射水市黒河で

見頃を迎えている「幻のアジサイ」の七段花=射水市黒河で

 “幻のアジサイ”とも呼ばれる早咲きの品種「七段花(しちだんか)」が、射水市黒河の県民公園太閤山ランドで見頃を迎え、薄紫色や桃色のかれんな花が園内を彩っている。

 七段花は、花を縁取るように装飾花が咲く日本古来のガクアジサイ。江戸時代に来日したドイツ人医師シーボルトが「日本植物誌」に記録して以来、日本人が100年以上見つけられなかったため「幻」と呼ばれた。

 早咲き種は通常より2週間ほど咲き始めが早い。天候に恵まれた影響で他の品種も徐々に花を咲かせ始めている。同じ品種でも土の性質によって花の色が変わり、園内を散策していた親子連れらは、色とりどりのアジサイを見つけては笑顔を見せていた。

 同園では22日から、花の挿し木体験や新品種の見学などができる「あじさい祭り」(北陸中日新聞など後援)が開幕する。今年は開園35周年の記念企画として、着物姿で園内を散策する催しや夜間の花のライトアップ、展望台からの風景が楽しめる「天空カフェ」が開かれる。

 同園総務企画課主事の山口円華さん(29)は「夜のライトアップや着物での散策は写真映えするはず。今年は早めに咲き始めたので、見頃のうちに来て楽しんでほしい」と来場を呼びかける。入場無料。車で訪れる場合は駐車料金390円。火曜休園。 (山本拓海)

旅コラム
国内
海外