【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】静鉄がラッピング列車運行 劇団四季が公演PR

【静岡】静鉄がラッピング列車運行 劇団四季が公演PR

ジャンル・エリア : エンタメ | 鉄道 | 静岡  2018年06月26日

ラッピング列車の前でテープカットをする出席者=静岡市葵区で

ラッピング列車の前でテープカットをする出席者=静岡市葵区で

 7月21日に開幕する劇団四季ミュージカル「オペラ座の怪人」静岡公演をPRする静岡鉄道のラッピング列車の運行が25日、始まった。1編成が1日に12回ほど静岡清水線(新静岡-新清水間)を往復する。

 オペラ座の怪人は、フランスの作家ガストン・ルルーの小説を基にしたミュージカル。公演会場は静岡市民文化会館で、静岡では2001年以来17年ぶり。9月17日までの期間中、8万人超の来場者を見込んでいる。

 ラッピング列車は、作品を象徴する仮面やバラのモチーフのほか、作中に登場する仮面舞踏会の場面の写真などをあしらった。

 この日は新静岡駅で出発式があり、劇団四季の吉田智誉樹(ちよき)社長は「列車を見た方は必ずオペラ座の怪人を思い出してくださると思う。今年で日本公演は30周年。素晴らしい舞台を届け、静岡の皆さんの期待に応えたい」とあいさつした。

(沢井秀之)

旅コラム
国内
海外