【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】SNS映えで集客加速 米原のグランピング施設

【滋賀】SNS映えで集客加速 米原のグランピング施設

ジャンル・エリア : | 自然 | 近畿  2018年06月28日

バーテンダーとの会話も楽しめるエレメンタルバー=米原市池下のグランエレメントで

バーテンダーとの会話も楽しめるエレメンタルバー=米原市池下のグランエレメントで

 県内最大規模の高級キャンプ「グランピング」施設として昨年6月、米原市池下のグリーンパーク山東内にオープンした「グランエレメント」。インスタ映えするおしゃれさが好評で、一年目の昨季は稼働率90%と順調な滑り出し。運営する奥伊吹観光(米原市)は今季、バーを新設するとともに国内初のデザインのテントを導入し魅力を向上させ、さらなる集客を目指す。

 ゼネラルマネジャーの嶋田典夫さん(38)は、昨季の好調ぶりについて「伊吹山や星空といった自然豊かな景色の良さが、思わず会員制交流サイト(SNS)で発信したくなるのでは」と分析する。家族連れや30~40代の女性団体客などの利用が多かったという。

 今季は「新しいものをいち早く取り入れ、飽きさせない工夫を施さないといけない」と、リピーターの獲得や新たな顧客開拓に向け、設備投資に力を入れた。新設した宿泊客専用の「エレメンタルバー」は、108平方メートルの木造平屋に56席を用意。専属バーテンダーとの会話も楽しめるバースペース、おしゃれな照明器具が彩るカジュアルスペース、こだわりの家具でくつろげるリラックススペースに分け、気分に合わせた楽しみ方を提供する。

 テントとキャビンの計10室だった宿泊施設には、国内初となる雨粒型デザインのテント「レインドロップ」2室と、木造2階建てコテージ「ヴィラ」3室が仲間入り。受け入れ客数をさらに増やした。来季には、最高級のVIP棟増設も予定しており、嶋田さんは「自然をもっと感じてもらえるようなサービスを目指し、さらなる刷新を進めていく」と意気込んでいる。

 今季の営業は11月24日まで。完全予約制で予約は3カ月先まで受け付ける。(問)グランエレメント=0749(55)3755

 (稲垣遥謹)

旅コラム
国内
海外