【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】子孫繁栄願う大しめ縄 高山で七夕岩まつり

【岐阜】子孫繁栄願う大しめ縄 高山で七夕岩まつり

ジャンル・エリア : まつり | 岐阜 | 文化 | 神社・仏閣  2018年08月07日

あんどんがつり下げられたしめ縄を慎重に上げる地元住民ら=高山市松之木町で

あんどんがつり下げられたしめ縄を慎重に上げる地元住民ら=高山市松之木町で

 高山市松之木町で4日夜、「七夕岩まつり」があり、大八賀川の両岸にある男岩と女岩にしめ縄を渡す「大しめ縄上げ」(市無形民俗文化財)が行われた。

 太鼓が打ち鳴らされる中、地元住民約80人が「よーいしょ、よーいしょ」と声を合わせて約70メートル離れた岩の間にしめ縄を渡した。

 町内で収穫したわらで作った縄は、長さ約250メートル、直径10センチ。20分ほどかけて地上約25メートルの高さにピンと張られると、会場から拍手が起こった。

 しめ縄にはあんどんのほか、1年間に町内で生まれた子どもの数だけ、わらで編んだ馬と糸車がつり下げられている。馬は男の子、糸車は女の子が生まれると取り付けられ、子孫繁栄を願う。町内会長の平野武司さん(60)は「みんなの協力のおかげで、無事上げられてよかった」と笑みをこぼした。しめ縄は約1カ月間飾られる。

 (戎野文菜)

旅コラム
国内
海外