【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】キバナコスモス見頃 阿智の治部坂高原

【長野】キバナコスモス見頃 阿智の治部坂高原

ジャンル・エリア : イベント | | 甲信越 | 自然 |   2018年08月08日

リフトから見下ろすと黄色いじゅうたんのようにも見えるキバナコスモス=阿智村浪合で

リフトから見下ろすと黄色いじゅうたんのようにも見えるキバナコスモス=阿智村浪合で

 夏でも涼しい阿智村浪合の治部坂高原スキー場(1、187メートル)で、夏季営業が始まった。100万本が咲くゲレンデの「コスモスガーデン」は、キバナコスモスが見頃。「日本一の星空」をうたう同村にちなみ、今年から始めた夜間の「流星のナイトガーデン」は、花と星の共演が好評だ。9月30日まで。

 コスモスガーデンは7ヘクタール。コスモスやオミナエシ、ヒャクニチソウが植えられ、直線距離700メートルのペアリフトに乗れば、上空からも花を楽しむことができる。7月中旬から高温が続いたため、開花は全体的に、例年より1週間から10日ほど早いという。

 一帯は流れ星が多いとされ、初企画のナイトガーデンは、旧浪合村が選ばれた日本一の星空をアピールしつつ、花畑と流れ星で治部坂高原らしさを出す狙いがある。今年は金、土、日曜の週3回開催し、好評なら来年以降、回数増を検討する。お盆を過ぎれば、コスモスが遠目からも目立つようになるという。ドッグランや釣り堀もあり、谷川和久支配人(53)は「今年は治部坂も暑いとはいえ、飯田よりは5度ほど気温が低く、夜間は18度くらい。さわやかな高原の自然を楽しんで」と来園を呼び掛けている。

 (石川才子)

旅コラム
国内
海外