【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】夜の動物楽しまナイト のんほいパークで催し始まる

【愛知】夜の動物楽しまナイト のんほいパークで催し始まる

ジャンル・エリア : イベント | テーマパーク | 動物 | 愛知  2018年08月12日

じゃれあうライオンのハヤテ(上)とオト=豊橋市の豊橋総合動植物公園で

じゃれあうライオンのハヤテ(上)とオト=豊橋市の豊橋総合動植物公園で

 豊橋市大岩町の豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)で11日、夕方から夜にかけての動物の姿を楽しんでもらう催し「ナイトZOO」が始まった。

 日中は暑さでぐったりしがちな動物たちも、比較的気温が下がった夕方以降は活発に。来場した静岡県湖西市鷲津の女性(42)は「のんほいパークにはよく来る。普段は暑さで奥の日陰に隠れてしまう動物たちを、間近に見られた」と喜んでいた。

 ナイトZOOはのんほいパークの夏の風物詩。来場者の要望を受け、昨年までは開放していなかったライオンやトラ、リスザルのエリアも回れるようにした。園によると、土日限定で見られるシマウマの毛並みが夜の光を反射して美しく輝くのが見どころという。

 また、通常開園時のアフリカ園では、名前が「キララ」に決まったばかりの生後1カ月の赤ちゃんキリンが登場。午前中のみだが、母親「ユララ」、父親「ウリュウ」と一緒の姿を観察できる。

 ナイトZOO開催日は19日までの毎日と、9月17日までの土、日曜と祝日。午後5~9時。入園料は大人1200円、小中学生600円。昼間の入園者は再度入場券を買う。入場は中央門と東門。西門は入場不可。

 (星野桃代)

旅コラム
国内
海外