【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】長浜の近代150年たどる 船の模型や引き札を展示

【滋賀】長浜の近代150年たどる 船の模型や引き札を展示

ジャンル・エリア : 展示 | 歴史・文化 | 近畿  2018年08月24日

「長浜の近代化」を紹介する企画展=長浜市公園町の長浜城歴史博物館で

「長浜の近代化」を紹介する企画展=長浜市公園町の長浜城歴史博物館で

 長浜市公園町の長浜城歴史博物館で、企画展「明治150年長浜の近代化」が開かれている。9月2日まで。期間中無休。

 明治維新を迎えた150年前の長浜市が、いち早く近代化して大いに発展したことを、歴史資料60点ほどで紹介している。

 1869(明治2)年に琵琶湖で初めて就航した木造蒸気船「一番丸」の模型や、地元運送店が明治時代に発行した引き札(広告チラシ)、74(同7)年に洋風校舎が新築された開知学校の扁額(へんがく)など、興味深い展示が目を引く。

 午前9時~午後4時半。入館料は高校生以上400円、小中学生200円。長浜、米原両市の小中学生は無料。

 (桑野隆)

旅コラム
国内
海外