【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】ソバの花が見頃 いなべ

【三重】ソバの花が見頃 いなべ

ジャンル・エリア : まつり | イベント | 三重 | 特産 |   2018年10月03日

一面に咲いたソバの花=いなべ市大安町で(市提供)

一面に咲いたソバの花=いなべ市大安町で(市提供)

 いなべ市特産のソバの花が見頃を迎えている。三岐鉄道三岐線の丹生川駅周辺などでは畑で白い花が一面に咲き、乗客や住民の目を楽しませている。

 見頃は1週間ほど続き、収穫は10月中旬から下旬。ソバはタデ科の植物で、実を粉状にしてそば粉にする。いなべは1日の気温差が大きく、秋の気温が低いことから栽培に適しているという。

 市内のソバの作付面積は80ヘクタール以上で県内一。11月4日には市役所員弁庁舎でそば打ち体験や大食い大会ができる「新そば祭り」が開かれる。市の担当者は「そばは食べてもおいしいが見ても美しい。いなべの名物として一度見に来てほしい」と呼び掛けている。

 (西川拓)

旅コラム
国内
海外