【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】熱海は「怪獣」の聖地 27日に特撮映画祭

【静岡】熱海は「怪獣」の聖地 27日に特撮映画祭

ジャンル・エリア : イベント | エンタメ | 静岡  2018年10月22日

「熱海怪獣映画祭」をPRする実行委の関沢江美さん(中央右)や伊藤和典さん(同左)ら=熱海市役所で

「熱海怪獣映画祭」をPRする実行委の関沢江美さん(中央右)や伊藤和典さん(同左)ら=熱海市役所で

 熱海市が登場する往年の特撮怪獣映画にちなんだイベント「熱海怪獣映画祭」が27日、同市中央町の国際観光専門学校熱海校で開かれる。

 往年の特撮映画には熱海が頻繁に登場する。熱海城が壊される場面が登場する「キングコング対ゴジラ」(1962年、東宝)や熱海のホテル街が破壊される「大巨獣ガッパ」(67年、日活)などがあるが、現在はあまり知られていない。 

 「熱海を怪獣の聖地として盛り上げたい」と市民有志が昨年10月に実行委員会を立ち上げ、イベントを企画した。経費はインターネットで資金を募るクラウドファンディングで、全国の156人から123万円を集めた。

 市内に現在映画館はなく、かつて熱海東宝映画館だった同専門学校のホールを会場に選んだ。実行委の1人で、市在住の映画脚本家伊藤和典さん(63)が脚本を手掛けた「ガメラ2レギオン襲来」(96年、東宝)を上映するほか、怪獣映画に携わった映画関係者のトークショーや解説を予定している。

 Tシャツや怪獣の足形の焼き印を押したオリジナル温泉まんじゅうなど記念グッズを販売する。実行委の関沢江美代表(44)は「怪獣が好きな人が熱海に集結して、1つのスクリーンを見てドキドキしてほしい」とPRした。

 映画祭は午前10時、午後2時半開始の2部制。午前は映画上映のみで、市内在住在勤者に無料開放。午後は有料で記念パンフレット付き前売り券(4000円)をインターネットで販売中。(問)実行委=080(4226)1441  

(中谷秀樹)

旅コラム
国内
海外