【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】勇壮な武者行列見て 松阪で3日に氏郷まつり

【三重】勇壮な武者行列見て 松阪で3日に氏郷まつり

ジャンル・エリア : まつり | イベント | 三重 | 文化 | 歴史  2018年10月25日

氏郷まつりと松阪市民能への参加を呼び掛ける市職員=松阪市役所で

氏郷まつりと松阪市民能への参加を呼び掛ける市職員=松阪市役所で

 松坂城主として現在の松阪市の礎を築いた戦国武将、蒲生氏郷(1556~95年)を顕彰する「第57回氏郷まつり」が11月3日、市中心部で開かれる氏郷や妻冬姫、鉄砲隊など240人の勇壮な武者行列が町を練り歩き、まつりを盛り上げる。

 行列では氏郷が治めた会津藩があった福島県会津若松市など13地域から甲冑(かっちゅう)隊が参加し、馬に乗った氏郷役と、妻で織田信長の次女の冬姫役と共に午前11時、殿町の松坂城跡を出発。御城番屋敷や中心商店街などを4キロを巡る。

 一般公募で氏郷は津市の医師、畑地治さん(52)が、冬姫は千葉県八千代市のモデル、野村瞳さん(31)が演じる。畑地さんは「尊敬する氏郷になりきり、堂々と演じたい」。野村さんは「地元の人の大切な祭り。緊張しているが笑顔を忘れずにいたい」と話す。

 会場一帯では氏郷が進めた「楽市楽座」にちなみ、茶会が開かれたり、飲食、工作体験を楽しめたりする150の露店が並ぶ。日野町など3カ所のステージでは松阪市内の高校生らによるダンスや、氏郷が生まれた滋賀県日野町の鉄砲隊による火縄銃の実演がある。

 商店街有志は日野町のベルタウン中通りにビールやカクテル、和洋の軽食を楽しめる屋台村を出店する。

 主催する市観光協会の担当者は「戦国絵巻のような風情あるまつりを楽しんで」と話している。(問)市観光情報センター=0598(23)7771

 (水谷元海)

地図

旅コラム
国内
海外