【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】瑞賢がサンタ姿に 南伊勢町商工会青年部が銅像に衣装

【三重】瑞賢がサンタ姿に 南伊勢町商工会青年部が銅像に衣装

ジャンル・エリア : イルミネーション | オブジェ | 三重  2018年12月13日

サンタクロース姿になった河村瑞賢像=南伊勢町東宮で

サンタクロース姿になった河村瑞賢像=南伊勢町東宮で

 南伊勢町東宮の河村瑞賢公園にある瑞賢の銅像がサンタクロース姿になった。像がある公園ではイルミネーションも設置され、クリスマスムードを盛り上げている。

 瑞賢は江戸時代初期の人物で、東宮地区出身。日本海を西に進む西回り航路などを整備し、江戸時代の海上輸送路を確立したことで知られる。

 像は瑞賢を顕彰しようと1990年に建てられ、2003年からは町商工会青年部のメンバーが、瑞賢像をサンタ姿に変えている。高さ5メートルの体に赤と白の衣装をまとい、クリスマス袋をかついでいる。

 加藤豊也青年部長は「像は道路沿いからもよく目立つ。ちょっと立ち寄って郷土の偉人について思いをはせて」と話す。

 サンタ姿は年末まで。21日午後7~8時半、子ども限定で菓子を公園でプレゼントする。イルミネーションは午後6時~午前0時。

 (山村俊輔)

旅コラム
国内
海外