【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】冬の富山湾 南から珍客 定置網に「イシガキフグ」

【富山】冬の富山湾 南から珍客 定置網に「イシガキフグ」

ジャンル・エリア : 富山 | 水族館 |   2018年12月21日

水温20度の水槽にゆったり浮かぶイシガキフグ=魚津市の魚津水族館で

水温20度の水槽にゆったり浮かぶイシガキフグ=魚津市の魚津水族館で

 魚津水族館は20日、南の海からの珍客イシガキフグの展示を始めた。同館の1974(昭和49)年以降の記録によると、富山湾でイシガキフグが確認されたのは24年ぶり3例目。

魚津水族館で展示

 イシガキフグは11月20日、入善町沖の定置網に掛かり、魚津漁協が館に寄贈した。体長29センチ。通常は冬の富山湾の低水温(16、17度)に耐えられずに死んでしまうが、水温20度に保たれた水槽に入れたところ、餌を食べ始め、状態が安定したため、展示することになった。

 ハリセンボンの仲間だが、体表の突起状のとげは固定式。ハリセンボンのようにとげを立てたり、寝かせたりはしない。

 従来の記録では94年11月2日に新湊沖、同年11月21日に伏木沖で、ともに定置網に掛かっていた。

 (松本芳孝)

旅コラム
国内
海外