【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】長良川に呑んべえ集え 26日から「のんぱく」

【岐阜】長良川に呑んべえ集え 26日から「のんぱく」

ジャンル・エリア : まちおこし | イベント | グルメ | 岐阜 | 特産 | 鉄道  2019年01月25日

のんぱくをPRするオルガンの担当者=岐阜市の長良川デパート湊町店で

のんぱくをPRするオルガンの担当者=岐阜市の長良川デパート湊町店で

 冬の長良川を呑(の)み尽くそう-。これを合言葉に地酒をテーマとした新イベント「長良川呑んべえ泊覧会」(のんぱく)が26日、長良川流域で始まる。3月末までの約2カ月間、新酒を味わう観光列車やバスツアーなど多彩な体験プログラムが用意されている。

 流域で毎秋開かれる「長良川温泉泊覧会」(おんぱく)の実行委と、岐阜市のNPO法人ORGAN(オルガン)が主催。昨夏の豪雨で打撃を受けた宿泊施設などへの客足を回復させる、冬場の観光の目玉として企画した。

 26日から会期中に計3日間開催する「新酒祭」は、上流の郡上市から河口の三重県桑名市までの13酒蔵の限定酒やどぶろくが楽しめる。3酒蔵を巡るバスツアー(2月16日)は、出来たての新酒が入手できる。

 長良川鉄道は、観光列車「ながら」を新酒生酒飲み放題の「へべれけ列車」(3月2、9日)のほか、「どぶろく列車」(同24日)や「お座敷遊び列車」(同31日)として運行。長良川温泉の旅館・ホテルは特別宿泊プランを提供する。

 新酒祭以外のプログラムは、のんぱくの特設ホームページから予約が必要。(問)長良川のんぱく事務局=058(269)3858

 (近藤統義)

旅コラム
国内
海外