【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】柿の実 木1本分どうぞ 宝達志水の男性 伐採回避へ販売

【石川】柿の実 木1本分どうぞ 宝達志水の男性 伐採回避へ販売

ジャンル・エリア : 果物 | 石川  2015年10月22日

山本隆さん方の柿の木畑。色づき始めた実が収穫の時を待つ=石川県宝達志水町山崎で

山本隆さん方の柿の木畑。色づき始めた実が収穫の時を待つ=石川県宝達志水町山崎で

 石川県宝達志水町山崎の山本隆さん(68)は、自ら所有する柿の木になる実を1本単位で販売する。収穫期の11月1~30日に現地で収穫できることが条件となる。

 山本さんが暮らす山崎地区では、紋平柿の生産が行われている。近年は販路が限られ高齢化が進むうえ、肥料や消毒代などの負担も増えて、近い将来に伐採もやむなしの状況になってきたことから、里山体験も兼ねて、希望者への販売を思い付いた。

 柿1個35円で販売する。木によって100~200個ほどの実がなっており、1本あたり3500~7000円で販売する。45本ほどのうち30本が対象で、すでに3本に申し込みがあった。

 希望者は直接木を見て選んで申し込む。剪定(せんてい)や草刈りなどの世話は山本さんが行っており、収穫後の渋抜きやつるし柿の作り方も、山本さんから教わることができる。山本さんは「収穫体験とともに柿を味わってほしい」と話している。

 山本さんは自らを「やま仙人」と呼び、現在はジネンジョ掘りやソバの脱穀、ブドウ畑の手入れなどをして過ごす日々。問い合わせ、申し込みは山本さん=電090(4683)6757=へ。

 (小塚泉)

旅コラム
国内
海外