【本文】

  1. トップ
  2. スペシャル
  3. 世界遺産 スコータイ&バンコク
繁栄の歴史と美しき文化が息づく古都へ

世界遺産 スコータイ&バンコク 古都スコータイは、タイ初の独立王朝が築かれた地。世界遺産にも登録された2つの歴史公園には、優美な仏像や荘厳な仏塔が建ち、また王朝の栄華を今に伝える伝統文化も息づいています。“幸福の夜明け”を意味するスコータイで、タイのホスピタリティの原点にふれてみませんか。

王朝の栄華と幸福が息づく 美しき遺跡と伝統文化

 一年を通して温暖な気候のもと、きらびやかな仏教寺院や美しいビーチリゾートなど見どころが尽きないタイ。国内には5つの世界遺産があり、王国の歴史や貴重な自然の姿を今に伝えています。
 バンコクから北へ約440㎞に位置するスコータイも、世界文化遺産に登録される古都。クメール帝国の支配下にあったこの地からクメール人を追放し、1238年に成立したタイ初の独立王国として知られています。特に栄華を極めたのは、「水に魚あり、田に米あり」という言葉も残された、3代王ラムカムヘーン時代。王は国土を拡大しながら近隣諸国の文化や技術を導入。クメール文字を改良したタイ文字や、中国の陶芸技術を取り入れたサンカローク焼も功績の一例です。
 また仏教徒の多いタイの礎を築いたのもスコータイ王朝時代と言われています。この頃に造られた仏像は「スコータイ様式」と呼ばれ、優しく微笑むなど特有の表情も。スコータイは1365年にアユタヤの属国となり終焉を迎えますが、戦争でほろんでいないため、今でも2つの歴史公園を中心に、優美な仏像や仏塔を観ることができます。

スコータイで最も重要とされる王室寺院「ワット・マハタート」。夕陽に照らされた遺跡群は神秘的で神々しい

■スコータイ空港 広大な敷地の中に有機栽培農園や小さな動物園を併設するユニークな空港 ■スワンナプーム国際空港 アジアのハブ空港としても機能する巨大空港 ■スコータイへのアクセス 中部国際空港からバンコクのスワンナプーム国際空港まで約6時間半、その後バンコク・エアウェイズの直行便に乗り換え約1時間20分
スコータイに続く第二の都市にある「スィーサッチャナライ歴史公園」は、トラムで園内を巡ることができる。写真上の「ワット・ナン・パヤー」は、北西壁に残るレリーフが美しい
日本にも江戸時代に輸出され「すんころく焼」と呼ばれていた「サンカローク焼」。こちらはアナンダ ミュージアム ギャラリー ホテルの博物館の展示品
「ステープ・サンカローク」で、サンカローク焼の絵付け体験も可能。世界に一つだけのお土産に
酸味のある澄んだスープに米麺やミンチがのる「スコータイヌードル」も名物
「スコータイ歴史公園」内にある「ラムカムヘーン国立博物館」には、タイ文字が刻まれた石碑のレプリカも展示される

スコータイのホテル

チーク材を使ったコテージが並ぶ「ロータスヴィレッジ」。鯉が泳ぐ池などがあり敷地内はトロピカルな雰囲気
「ザ・レジェンダ・スコータイ・リゾート」。スコータイ歴史公園にほど近く、窓から遺跡が見られる部屋も
スコータイ空港敷地にある「スコータイ・ヘリテージ・リゾート」。スコータイ建築にモダンなインテリアが調和

新旧のコントラストも楽しい 進化を続ける国際都市へ

癒しのスポットが充実するのもタイの魅力。バンコクで4店舗を展開する「ディヴァナ マッサージ スパ」は、バンコク在住者にも人気のスパ施設

 スコータイで歴史ロマンに心を寄せたら、エキサイティングな都市バンコクを楽しむのもおすすめです。近代的なビル群に日々新しい顔が加わる一方、歩道に立ち並ぶ屋台や通りを行きかうトゥクトゥクの姿は、アジアの「熱」を感じさせてくれます。
 バンコク観光では仏教寺院を巡ったり、マッサージやスパに身を委ねるのも定番ですが、リピーターなら宮殿に足を運び建築美を楽しむのも一興。進化を続ける都市は決して飽きさせることはありません。

2015年3月にオープンした大型ショッピングモール「エムクオーティエ」。高級ブランドから日用品まで幅広くそろうバンコクに行くなら一度は食したい「ソンブーン」の蟹カレーラマ5世の別荘として建てられた「ウィマーンメーク宮殿」。ヨーロッパの影響を受けた建築美と、美術品、工芸品のコレクションを観ることができるかつて国会議事堂として利用された「アナンタ・サマコム宮殿」にも、王族に関連する様々な芸術品が展示されている

イラスト

企画・制作/中日新聞広告局 取材協力/タイ国政府観光庁

2016年04月18日

旅コラム
国内
海外