【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 旅×食
  4. 「南信州」~南アルプスの大自然に抱かれた地で、心穏やかに過ごす旅~ マロン(アップルロード店)
Vol.4 Travel of Tranquility 長野県南信州 ~Japan~ ながのけんみなみしんしゅう ~日本~
Restaurant & Food 記憶したいこのお店
File003 長野県、日本 マロン(アップルロード店) マロン(アップルロードてん) こだわり職人が作る、絶品バームクーヘン

DATA ジャンル:洋菓子 雰囲気:カジュアル 予算:¥140~(バームクーヘン:小 ¥1,050 中¥1,900 大¥2,500、シュークリーム¥140)

飯田市内に2店舗構える「マロン」。今回紹介するのは、飯田インター近くのアップルロード店。洋館風の建物で、「ソフトバウムクーヘン」ののぼりが目印。
販売のみで喫茶スペースは無いが、店内のショーケースにはケーキがずらりと並び、クッキーやダックワーズなどの焼菓子も種類が多い。だがこちらのお店に来たらまずおさえるべきは、名物の“ソフトバームクーヘン”。ご主人が毎日丁寧に焼き上げるバームクーヘンは、口に入れるとふわっと柔らかく、バターの香りとやさしい甘みが口中に広がる。南アルプスの麓から仕入れる卵など、素材へのこだわりがしっかり伝わってくる。 “地元のお菓子屋さん”と侮ることなかれ、極上バームクーヘンの味わいに、きっと食べた貴方は驚くはず。
もう2つ、どうしてもオススメしたいお菓子がある。1つ目は、「クーヘンロール」。バームクーヘンの生地でホイップクリームを包み込んだ、ありそうで無かったナルホドの1品。名物バームクーヘンに、ミルキーで程よい甘さのクリーム、やみつきになります。2つ目は、「シュークリーム」。手で掴んで持ち上げた瞬間、そのずっしりした重みに驚くはず。中にたっぷりのカスタードクリームが入っていて、バームクーヘン同様、素材の良さを感じさせる何ともやさしい味わい。とろける美味しさです。
名古屋への岐路につく前に、こちらのお店に寄ってバームクーヘンをお土産用、クーヘンロールとシュークリームを車中用に買って旅をしめくくるのが、すっかり私の定番だ。

INFORMATION 長野県、日本

マロン(アップルロード店)

長野県飯田市鼎名古熊2082-2
TEL: 0265-56-2882
http://iida-marron.com/index-1.htm

File001 和食(そば) カジュアル のんび荘 のんびそう 深い自然の中で味わう、自家製粉手打ちそばFile002 和食(とんかつ) カジュアル 3びきのこぶた さんびきのこぶた 一度味わえば虜になる「幻豚」の味わい

2009年02月05日

取材担当プロフィール

(株)Office musubi 代表取締役 鈴木 裕子
食専門のマーケティング会社を運営。
すぐれた商品を作っていても、“売り方・魅せ方”が分からない生産者や食品メーカーを支援し、作り手と市場を結ぶ。
国内は名古屋と大阪を拠点に、海外はニューヨークに拠点を置き、
現地の食専門家チームとともに日本食品の販路開拓支援、流通改革を行う。
(食べることが生きがい!)
旅コラム
国内
海外