【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 旅×食
  4. 「ナイアガラの滝」~ダイナミックな自然に触れ、エネルギーチャージの旅~

Vol.10 ダイナミックな自然に触れ、エネルギーチャージの旅 国内外の旅先を「食」の視点からセレクト。達人ならではの「とっておき情報」をお届けします。
「ナイアガラの滝」ダイナミックな自然に触れ、エネルギーチャージの旅
For Traveler カナダとアメリカの国境に位置するナイアガラの滝。アメリカ、カナダのいずれからも見ることはできるが、滝の正面や全体を眺望できることからカナダ側が圧倒的人気(観光客のおよそ9割がカナダから観光)。ナイアガラの滝は、約1万2千年間氷河によって作られた。発祥地点は現在の位置から12kmほど離れたナイアガラ川下流域だが、年間約1m侵食を続け、現在の位置まで移動した。「ナイアガラ」の語源は、原住民の言葉「雷鳴が轟く水」(Nee-ah-GAh-rah(ニアガル))。ゴウゴウと水が流れ落ちる姿は、まさに大迫力。大音量に包まれ滝を眺めていると、そのあまりの力強さから吸い込まれていきそうな錯覚に陥る。自然の底力を目の当たりにする体験、これぞ旅の醍醐味。 取材・編集:鈴木 裕子

Exquisite 旅の愉しみ方 現地での旅の楽しみ方をご案内します。

How to...ショッピングにワイナリー、滝だけじゃないナイアガラの魅力ナイアガラは世界一の滝?・・・いえ、滝の高さ(落差)でいえば、ナイアガラより高い滝は世界に50以上もあります。ではナゼここまで知名度が高く、多くの人が訪れているのか?それは、流れる水量の多さ(迫力!)にもあるが、やはり街からのアクセスが良いという点が大きく影響しているようだ。ナイアガラの滝は大自然の中にあるイメージを持つ人が多いようだが、意外にも、周辺には高層ホテルや娯楽施設が立ち並び、「The 観光地」といった雰囲気。滝まではこれら施設から歩いて行けるので、朝昼晩好きな時に好きなだけ滝を楽しめる、というのは魅力。人混みが苦手な方は、滝を鑑賞した後、滝からタクシーで30分程の「オン・ザ・レイク」へ足を伸ばしては?滝周辺とは打って変わって静かで落ち着いた町。個性的なショップやレストランが立ち並び、オンタリオ湖が望める大きな公園も。ナイアガラ周辺にはワイナリーも数多く点在。ワイン好きのみならず、カナダ名物“アイスワイン”を土産に買う目的でぶらりと訪れるのも楽しい。せっかち日本人・・・滝だけ見て帰ってしまう人も多いようだが、2~3日滞在して、十二分にナイアガラを満喫してみては?


Restaurant & Food 記憶したいこのお店 現地のとっておきの「食」情報をご紹介。どれも外せないお店ばかりです。
シェラトンオンザフォールズ Sheraton On The Falls オンタリオ ナイアガラの滝の絶景を独り占め・・・ナイアガラ・オン・ザ・レイク Niagara on the Lake ナイアガラ・オン・ザ・レイク ジャム専門店から個性派ブティックまで、楽しいお店がいっぱいの町ワイナリーレストラン カジュアル ヴィンランド・エステート・ワイナリー VINELAND Estates Winery ナイアガラ・オン・ザ・レイク 大自然に囲まれて昼間からワインを楽しむ贅沢 総合評価★★★★★

2009年11月17日

取材担当プロフィール

(株)Office musubi 代表取締役 鈴木 裕子
食専門のマーケティング会社を運営。
すぐれた商品を作っていても、“売り方・魅せ方”が分からない生産者や食品メーカーを支援し、作り手と市場を結ぶ。
国内は名古屋と大阪を拠点に、海外はニューヨークに拠点を置き、
現地の食専門家チームとともに日本食品の販路開拓支援、流通改革を行う。
(食べることが生きがい!)
旅コラム
国内
海外