【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 旅×食
  4. Sunset Boulevard(サンセットブルバード)

コラム 旅×食

Sunset Boulevard(サンセットブルバード)

INFORMATION 本山駅から徒歩3分、広小路通りから少し入ったところ、閑静な住宅街にあるイタリアン&ワインの店、「サンセットブルバード」。表に看板は出していないが、全面ガラス張りのため、外からでも中の様子が一望できる。小じんまりとした店内は、木をふんだんに使用した温かな雰囲気で、店内には心地よい音楽が流れている。店の外にはオーナー手書きのメニューボードが置かれ、道行く人の興味を引く。取材中も、店の前を通りかかる人がボードと店内の様子を交互に伺い、営業時間前と知り店のチラシを手にしては去っていく、という姿を何度も目にした。料理や酒を口にしなくとも、店の構えや雰囲気から、“こだわりのありそうな店だぞ”と、見る人の心にインプットされるのだろう。

大人空間
大人空間

大人空間
 サンセットブルバードは、今年2月にオープンしたばかりの新店。栄で店を経営していたオーナーが、昨年その店を閉店。数ヶ月間の充電期間を経て、当店をオープンした。食通も多く住まうエリアへの出店とあって、「緊張感もひとしおだった」とオーナーは言う。だが、開店から半年足らずにして、近所のグルメなご夫婦はじめ遠方からワイン好きが足を運ぶなど、固定客がつき始めるという好調ぶり。この店の特徴は、野菜をふんだんに使ったイタリアンベースの料理と、名古屋では珍しいカリフォルニアワインのセレクション。それと、“大人が楽しめる店”であるということ。30代後半から40代の客が中心というこの店は、「大人が楽しめる店が少ない」と言われる名古屋にあって嬉しい存在だ。

自分流
自分流

自分流
 この店のオーナーシェフ、今村晃氏(47)。元々会社勤めをしていたが、脱サラをして飲食業界に飛び込んだという異色の経歴の持ち主。今年で飲食業界に身を置いて17年。料理はすべて独学だ。アメリカ、特に西海岸が好きで、毎年まとまった時間を確保しては渡米し、現地で料理を学んだりワイナリーを尋ねるほか、最先端の情報に触れたり、現地の人たちとの交流を楽しむ時間も大切にしているという。帰国すると、早速それらを店の料理に取り入れ、“自分流”にアレンジ。そしてまた翌年渡米し・・・というのをここ数年繰り返している。店の料理はイタリアンがベースだが、メキシカンやフュージョンメニューが登場する幅の広さは、こうした積み重ねからくる。

野菜主役
野菜主役
野菜主役

野菜主役
 店を移転オープンするにあたって、今村氏は以前から温めていた計画を実行に移したという。それは、『生産者から直接野菜を仕入れ、野菜本来のおいしさを自分の料理を通して知ってもらう』こと。休日には、旬の魚や野菜を食べに出かけることも多いという今村氏。生産者とのネットワーク作りや店での実現性を推し量って来た。そしていざこの取り組みを始めてみると、「お客様の反応が予想以上に良くて驚いている」と言う。「この取り組みを始めて、自分自身もあらためて野菜本来の味(おいしさ)に驚いている。この嬉しい驚きをお客様にも」と、カルパッチョサラダやバーニャカウダ付きサラダなど、“野菜主役”のメニューを徐々に増やしている。現在野菜は主に長野県の生産者から仕入れているが、頻繁に現地に足を運べないため、畑の状況や旬の野菜の情報は電話やメールでやりとりしている。ちなみにこの店、パンも店内で焼いている。「当たり前のことだけど、料理はすべて手作りにこだわりたいから」と語る今村氏。 “すべて手作り”というのは客にとっての理想だが、意外とそうでない店が多い中、このひとことの意味するところは大きい。

繋がり

繋がり
 料理、ワイン、店での会話・・・「とにかくお客さんに楽しんでもらいたい」という今村氏。音楽好きでもあり、店内では時々ライブも開催する。知らない客同士が気軽に声を掛け合い、そこから新しい繋がりが生まれ、いつもとは少し違った空間が生まれる。来月には、長野県の生産者の元へ行き、現地で彼らの野菜を使った料理を振る舞う企画をしているそうだ。この店が、今後どんな展開、そして発展をしてゆくのか、楽しみに見守りたい。

外観
DATA

Sunset Boulevard
(サンセットブルバード)

住 所: 名古屋市千種区楠元町2-65
富士ビル 1F
電 話: 052-734-8665
営業時間: 11:30am-3:00pm(L.O.2:00pm),
6:00pm-11:00pm(L.O.10:00pm)
定休日: 月曜
席 数: テーブル席=15席
(うち個室1室 ソファ席=4席)
客単価: 昼 1,500円  夜 3,500円
URL: http://blog.livedoor.jp/sunsetakira/

2010年07月26日

取材担当プロフィール

(株)Office musubi 代表取締役 鈴木 裕子
食専門のマーケティング会社を運営。
すぐれた商品を作っていても、“売り方・魅せ方”が分からない生産者や食品メーカーを支援し、作り手と市場を結ぶ。
国内は名古屋と大阪を拠点に、海外はニューヨークに拠点を置き、
現地の食専門家チームとともに日本食品の販路開拓支援、流通改革を行う。
(食べることが生きがい!)
旅コラム
国内
海外