【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 旅×食
  4. がさえび 幻のエビに遭遇 in 福井

コラム 旅×食

がさえび 幻のエビに遭遇 in 福井

福井の冬のグルメといえば、「蟹」が有名ですが、
私は今回の福井出張で、「幻の食材」なるものに遭遇・・・

それは、「がさえび」。
今(冬)が旬ですが、地元の人でもなかなか食べられないほど希少価値の高いエビだそう。

↓こちらがその「がさえび」。まずはお刺身で。

口に入れて噛んだ瞬間、驚くほどぷりぷり、そして甘みのつよいこと!
「甘えび」好きの私ですが、それ以上の食感と濃厚な味わいです。
このえびは足が早く、食べている間にも変色してしまうほど・・・
ゆえに、刺身をメニューに載せている店はかなりレア。

貴重なお刺身を堪能したところで、次は「フライ」↓

火を通すことで甘みがさらにアップ。お刺身とはまた違ったおいしさです。
注:刺身の時より大きく見えますが、これは2匹を1組にして衣をつけているゆえ。

そのまま食べても良し、タルタルソースとも相性抜群↓

ナゼこんな美味しいものがもっと有名にならないのか?
理由は2つ。1つは、足が早く水揚げ後の流通が困難なため。2つ目は、漁獲量自体が減っているため。
これぞ、正真正銘ご当地グルメ。足を運んだ者のみが味わえる旬の味覚です。

外観
DATA

越前蟹の坊(えちぜんかにのぼう)

住 所: 福井県坂井市三国町1丁目16番
電 話: 0776-82-3925
営業時間:11:00~19:30(ラストオーダー) 不定休
URL: http://www.bouyourou.co.jp/kaninobouStore/restaurant.html

2011年02月07日

取材担当プロフィール

(株)Office musubi 代表取締役 鈴木 裕子
食専門のマーケティング会社を運営。
すぐれた商品を作っていても、“売り方・魅せ方”が分からない生産者や食品メーカーを支援し、作り手と市場を結ぶ。
国内は名古屋と大阪を拠点に、海外はニューヨークに拠点を置き、
現地の食専門家チームとともに日本食品の販路開拓支援、流通改革を行う。
(食べることが生きがい!)
旅コラム
国内
海外