【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 旅×食
  4. 伊那谷の隠れた名物、「おたぐり」

コラム 旅×食

伊那谷の隠れた名物、「おたぐり」

今回紹介するのは、長野県南部の飯田市や伊那市で
長年愛されている郷土料理、「おたぐり」。

馬の腸を長時間煮込み、塩や味噌を入れて味付けしたもの。
さっぱりした味わいで、臭みも無く食べやすい。
(名古屋名物「どて煮」のさっぱり版!といったところ。)

酒のつまみとして居酒屋や蕎麦屋などで提供されているほか、
「+ごはん」の定食スタイルで提供する店も。
外食だけでなく、家庭で頻繁に食卓にのぼる一品だそう。

店や家庭によって異なるが、薬味には葱や唐辛子をのせ、
食べる前には七味を振って↓

聞き慣れない「おたぐり」という名の由来は、材料となる馬の腸が長いため、
「たぐり」寄せて洗うところからきている。

私が今回地元の人に連れていってもらった店では、珍しく昼時でも注文できる。
出張者や旅行者にとっては嬉しい存在だ。
郷土料理店「満津田」

歴史を感じる店内は居心地が良く、他にも郷土料理メニューがずらり↓

今回頼んだ料理は全て大満足の味わいだったので、またぜひ戻りたい店だ。
ホルモン好きも、そうでない人も、一食の価値アリです。

DATA

満津田(まつだ)

住 所: 長野県飯田市主税町1
電 話: 0265-22-0437
営業時間:11:30~20:00 月曜定休

2011年05月19日

取材担当プロフィール

(株)Office musubi 代表取締役 鈴木 裕子
食専門のマーケティング会社を運営。
すぐれた商品を作っていても、“売り方・魅せ方”が分からない生産者や食品メーカーを支援し、作り手と市場を結ぶ。
国内は名古屋と大阪を拠点に、海外はニューヨークに拠点を置き、
現地の食専門家チームとともに日本食品の販路開拓支援、流通改革を行う。
(食べることが生きがい!)
旅コラム
国内
海外