【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 旅×食
  4. ニューヨークに行くなら、食好きはブルックリンへ!

コラム 旅×食

ニューヨークに行くなら、食好きはブルックリンへ!

ここ5年程で急速に変化を遂げた、ニューヨーク最大の市「ブルックリン」。
ファッション、アートはもちろん、食に関する変化はめざましいものがある…
ニューヨーカーはもちろん、フランスなど海外からも注目を集めており、日本も例外ではない。
以前はニューヨーク特集といえば“マンハッタン”ばかりが紹介されてきたが、
昨年あたりから日本の雑誌等でも“ブルックリン”が頻繁に特集されるようになった。

そんなブルックリンには見どころが色々とあるのだが、
食好きにお勧めしたいのが、4月から11月の土日に開催される野外マーケット「Smorgasburg」。
主催者はニューヨーク最大規模のフリマ「Brooklyn Flea」と同じだが、フード出店希望者が増えすぎたためエリアを拡大し、
食に特化したマーケットとした。土曜はブルックリンの「Williamsburg」で、日曜は「Dumbo」で開催されている。

生鮮中心のグリーンマーケットとは違い、その場で食べられるものが中心のため、食べ歩きが楽しめる。
ドーナツ、クッキー、マカロンといったスイーツから、サラミ、オリーブオイル、チーズと、原料や製法にこだわったものがズラリ。
毎週80以上のブースが出店されている。
“ブルックリン発・こだわりの小規模生産者”が一堂に会しているため、ブルックリンの食トレンドを効率良く見ることができるスポットでもある。

会場内には、日本のたこやきやラーメンのブースも。
マンハッタンに店舗を構える「一風堂」は、長い行例ができていた。
ニューヨークのラーメン人気は、まだまだ上昇傾向である。

ちなみに、イーストリバーを挟んでマンハッタンも一望できるので、観光で訪れても一見の価値アリ!
食いしん坊にはたまらないスポット、一見(一食)の価値アリです!

DATA

Brooklyn Flea / Smorgasburg

4月~11月 毎週土日11:00~18:00開催
<開催場所>
土曜日:East River Waterfront, Brooklyn( N. 6th Streetと N. 7th Streetの間)
日曜日:Tobacco Warehouse / 38 Water St (at Dock St), Brooklyn
※詳しい情報は、こちらのホームページよりご確認ください↓
http://www.smorgasburg.com/

2012年12月10日

取材担当プロフィール

(株)Office musubi 代表取締役 鈴木 裕子
食専門のマーケティング会社を運営。
すぐれた商品を作っていても、“売り方・魅せ方”が分からない生産者や食品メーカーを支援し、作り手と市場を結ぶ。
国内は名古屋と大阪を拠点に、海外はニューヨークに拠点を置き、
現地の食専門家チームとともに日本食品の販路開拓支援、流通改革を行う。
(食べることが生きがい!)
目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外