【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 旅×食
  4. 大阪福島で、「河内鴨」と蕎麦を

コラム 旅×食

大阪福島で、「河内鴨」と蕎麦を

大阪の福島駅近くに、“蕎麦と大阪名物「河内鴨」をウリにする店”があると聞き、おじゃますることに。
福島駅周辺は、個性的な店が点在し、大阪の食好きたちが注目する面白いエリアだと耳にはしていたが、駅から歩いてみて納得。
特に細い路地を入ったところ、住宅街の中に突然オシャレな店が出現したりと、好奇心をくすぐられる…

歩いて5分ほどで、目的の店に到着。

「河内鴨」の名は以前から耳にしていたものの、食べそびれていた私はワクワクしながら店内へ。
「河内鴨」は、大阪府松原市の生産者1軒のみで飼育・販売されていて、流通量が限定的なため関西圏の飲食店のみで提供されている。
大阪では蕎麦よりうどんが主流のため、「蕎麦屋に足を運んでもらうには、蕎麦以外に何か名物を」と考えた店主が、
自身が食したときの感動体験をもとに、生産者の元に通って調達にこぎつけたのだという。

コース料理の一部を紹介したい↓
河内鴨の刺身

噛むほどに赤身の旨みがじわじわ…ほどよい甘み、適度な歯ごたえも良い。

河内鴨の鍋

鍋の後おしめは冷たいお蕎麦

鍋で体がポカポカしたところにヒヤリとした蕎麦が何とも喉ごし良く、これは粋な計らい。
細めの蕎麦に、鴨のだしが溶け出した甘濃い味のつゆがよく絡み、思わず唸る旨さ。
店主と会話するうちに、店内の設計にも工夫があることを知る。
すすりながら食する蕎麦は、鼻に抜ける香りも味わいのうちとゆえ、店内の風通しを大切にし、一切の壁を排除した空間にしたのだという。
確かに、個室の扉も格子状、1階から2階へも吹き抜けになっている。

素材の良さを引きだす力と、細部へのこだわり。
それが伝わる空間で、体が喜ぶ料理を堪能した。
通いたくなる店を見つけた嬉しい夜だった。

DATA

藤乃(ふじの)

大阪市福島区福島3-9-10
TEL: 06-6456-2400
営業: 11:30~14:00 17:30~21:30(L.O.) 21:30~24:00 sobar(簡単な料理と蕎麦の提供)
定休日: 日・祝
http://www.fuji-no.jp/

2013年04月10日

取材担当プロフィール

(株)Office musubi 代表取締役 鈴木 裕子
食専門のマーケティング会社を運営。
すぐれた商品を作っていても、“売り方・魅せ方”が分からない生産者や食品メーカーを支援し、作り手と市場を結ぶ。
国内は名古屋と大阪を拠点に、海外はニューヨークに拠点を置き、
現地の食専門家チームとともに日本食品の販路開拓支援、流通改革を行う。
(食べることが生きがい!)
目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外