【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 旅×食
  4. 南信州、実は焼肉王国??(2)

コラム 旅×食

南信州、実は焼肉王国??(2)

前回に続き、南信州の焼肉王国っぷりについて書きたい。
今回は、地元で愛され続ける焼肉店に案内してもらった。

店内に入ると、まず「これに鞄を入れて」と袋を手渡された。そしてエプロン着用。匂い対策だ。

注文は地元の皆さんにお任せ。まず最初にマトン、そしてハラミと続き、この店で旨いと評判のホルモンを。。。

地元の人たちと話していると、焼肉頻度が高いのは外食に限ったことではないことが分かる。
職場の屋外で焼肉、青年消防団の練習後に焼肉、自宅の食卓でも頻繁に焼肉。親戚が集まれば庭で焼肉も珍しくないとか。
「マイダレ」「マイ鉄板」なるものが常備されている家庭も多く、ホームセンターでは鉄板を好みの厚さにカットしてくれるサービスも一般的。
精肉店で焼肉用の肉を頼めば、もれなく「カット野菜」が人数分用意され、希望者には鉄板とガスボンベの無料貸し出しも行っているとか。
体ひとつで肉屋へ行って、そのままBBQに直行できるではないか!

私が一番驚いた話は、この地域で毎年開催される国際的自転車レース「ツアー・オブ・ジャパン(TOJ)」の最中に、
側道で焼肉をしながら応援するという話!
これを“焼肉観戦“と呼ぶのだとか。(焼肉観戦については、こちらのサイトにも掲載されています)

話を聞けば聞くほど、この地域の人たちにとって焼肉は特別なものではなく、ごく日常的なメニューであることが窺える。
言ってみれば、カレーライス、ぐらいのノリなのだろうか?日本一の焼肉王国間違いなしであろう。
肉好きのあなた、ぜひ本場で体験あれ!

DATA

やきにく徳山(やきにくとくやま)

長野県飯田市中央通り3-44
TEL: 0265-24-4816
営業: 12:00~22:00
定休日: 不定休(月3回)

2013年08月28日

取材担当プロフィール

(株)Office musubi 代表取締役 鈴木 裕子
食専門のマーケティング会社を運営。
すぐれた商品を作っていても、“売り方・魅せ方”が分からない生産者や食品メーカーを支援し、作り手と市場を結ぶ。
国内は名古屋と大阪を拠点に、海外はニューヨークに拠点を置き、
現地の食専門家チームとともに日本食品の販路開拓支援、流通改革を行う。
(食べることが生きがい!)
目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外