【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 旅×食
  4. 日本一のいなり寿司消費地!

コラム 旅×食

日本一のいなり寿司消費地!

前回に続いて、いなりネタになりますが・・・
京都にある「伏見稲荷大社」へお参りに行ってきました。
日本には数多くの稲荷がありますが(約3万社といわれています)、こちらが総本山。
年に何度か参拝に行きますが、行くたび、参拝者の多さと、外国人の多さに驚きます。
敷地内で見つけたポスターによると、「外国人観光客が選んだ人気スポット第2位」とか。
(ちなみに1位は「広島原爆資料館」。)

山頂までは1時間ほどかかるので、参拝を終えた頃にはお腹がすきます。
ということで、食探しがてら参道散策~

あちらこちらで目にするのが、名物の「すずめの丸焼き」!

お店の人によると、これは稲を食い荒らすすずめ退治がきっかけで生まれたそうです。
いくら日本食人気が高まっているとはいえ、初めて見るこの姿に、外国人も釘づけです。
迷った挙句に買ったカップル、不思議そうな顔をして食べています(笑)確かに、ちょっと硬めなんですよね。
まぁ話題に一度は、といった食べ物です。

どのお店に入ろうか迷った結果、なんとなくの嗅覚でこちらに↓

注文したのは「いなり寿司」。だけでは足りないので、「にしん蕎麦」も。

いなり寿司は、口に入れるとじゅわりとやさしい甘みのダシが沁み出し、空腹をじわりと満たしてくれます。
お店によって、甘さ、食感、具の種類などが違うので、食べ比べしながら歩くのも楽しいかもしれません。
ちなみに、形はどのお店も三角形です。「キツネ」の顔や耳をイメージしたとか、稲荷山をイメージしたとか言われているようです。
初詣には大賑わいとなる伏見稲荷、なんと三が日だけで2万5千個超(日本一!)のいなり寿司が消費されるそうです。

店を出たあと、おいしそうなお漬物を見つけて、こちらは晩御飯に~

DATA

日野屋(ひのや)

住所: 京都府京都市伏見区深草開土町1
TEL: 075-641-0347
営業: 9:00~18:00
定休日: 不定休

2014年01月10日

取材担当プロフィール

(株)Office musubi 代表取締役 鈴木 裕子
食専門のマーケティング会社を運営。
すぐれた商品を作っていても、“売り方・魅せ方”が分からない生産者や食品メーカーを支援し、作り手と市場を結ぶ。
国内は名古屋と大阪を拠点に、海外はニューヨークに拠点を置き、
現地の食専門家チームとともに日本食品の販路開拓支援、流通改革を行う。
(食べることが生きがい!)
目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外