【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 旅×食
  4. いま話題のポートランドへ(基礎編)

コラム 旅×食

いま話題のポートランドへ(基礎編)

近年、日本でも注目度が高まるポートランドへ、3泊4日仕事の旅。
ポートランドといえば、“豊かな自然環境”、“食レベルの高さ”、“理想的なライフスタイル”といったイメージだが、実態はどうなのか?
それを確かめるべく、仕事の合間にとにかく歩き、食べ、行き交う人と会話した。その中で感じたことや発見したことについて、数回に分けて紹介したい。

まずは基本情報から。ポートランドは、アメリカ西海岸北西部に位置するオレゴン州最大の都市。州の南はカリフォルニア州に接しており、雰囲気的にはサンフランシスコに似ている。市内は大きく5つのエリアで構成されており、それぞれの特徴はこんな感じ…

●「サウスウエスト(SW)」地区…オフィスやショッピングセンター、レストラン等が立ち並ぶダウンタウンエリアを含むエリア。文字通り、ポートランド市の南西に位置する。

●「ノースウェスト(NW)」地区…歴史的建造物と都市再開発モデル地区が混在したエリア。キャストアイロン・ビルと呼ばれる鋳鉄製ビルが集中しており、その数はニューヨークのソーホー地区に次いで全米2番目と言われている。

●「サウスイースト(SE)」エリア…ヒッピー文化やストリート・カルチャーが息づき、倉庫を改装したカフェや飲食店など、個性的な店が立ち並ぶ。カジュアルでリラックスした雰囲気。

●「ノース(N)」「ノースイースト(NE)」エリア…多人種が交じり合い、多様性に富んだ文化が育っているエリア。1900年代から開発が始まった歴史ある住宅地でもある。

今回私が滞在したのは、サウスウエストエリアにある「エースホテル」。ニューヨークやロンドン等にも展開しているが、“ホテルの概念を変えた”といわれるこちら、やはりルーツに身を置いてみたかった。誰もが利用できるロビー、驚くほどシンプルな部屋、ヴィンテージ品を取り入れた内装デザイン…一宿の価値あり。

ホテルロビーの奥には、サードウェーブコーヒーの代表格「スタンプトンコーヒー」があり、

ロビー反対側の奥には、人気ビストロ「クレイドコモン」がある。感じの良いスタッフが運んでくる料理はどれもクオリティが高く、到着初日に行った私は大満足。ポートランドへの期待感も一気に高まった。居心地良い空間で、是非オススメしたい一軒である。

次回に続く…

DATA

Ace Hotel (エースホテル)

住所: 1022 W.Stark St., Portland
TEL: 076-231-1018
URL: http://www.acehotel.com/portland

Stumptown Coffee (スタンプタウンコーヒー)

住所: 1026 SW.Stark St., Portland
TEL: 076-265-6870
営業時間: 平日 6:00~19:00 土日 7:00~19:00
URL: https://www.stumptowncoffee.com

Clyde Common (クレイドコモン)

住所: 1014 SW Stark St, Portland
営業時間: 平日 11:30~15:00 18:00~24:00 土日 10:00~15:00 18:00~23:00 (土曜は24時迄)
URL: http://www.clydecommon.com/

2015年09月07日

取材担当プロフィール

(株)Office musubi 代表取締役 鈴木 裕子
食専門のマーケティング会社を運営。
すぐれた商品を作っていても、“売り方・魅せ方”が分からない生産者や食品メーカーを支援し、作り手と市場を結ぶ。
国内は名古屋と大阪を拠点に、海外はニューヨークに拠点を置き、
現地の食専門家チームとともに日本食品の販路開拓支援、流通改革を行う。
(食べることが生きがい!)
目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外