【本文】

  1. トップ
  2. スペシャル
  3. 微笑みの国 タイの魅力
THAI 微笑みの国 タイの魅力
ワールドクラスのコースも多数存在 憧れの超名門コース ゴルフ満喫、タイ充実
美しい自然に囲まれた名門コースでのプレイの後はスパやグルメ、高級でのホテルステイも存分に満喫! セントレアからバンコクまで約5時間半、週12便運航のタイ国際航空で魅力に満ちあふれた微笑みの国、タイへ旅してみませんか。

日・タイ修好130周年 絆深まり交流も盛んに

写真

 2017年は日本とタイが外交を樹立して130年の記念の年。昨今では日本からタイへの観光客ばかりではなく、タイから日本を訪れる人々も多く、ますます両国の交流が盛んになっています。
 タイの魅力は豊かな自然と多様な文化、そして笑顔が素敵な優しい人々。美しい海や森でのアクティビティ、歴史を刻む荘厳な寺院の数々、そして街にあふれるグルメが人々の心を魅了します。市街地は交通網も発達し、初心者でも安心して旅行できるのが魅力です。

Golf

戦略性に満ちた超名門 タイカントリークラブへ

1プレーヤーにキャデイは極上のサービス トーナメントプロの気分でプレーを楽しめる

 国内に200を超えるゴルフコースを有するタイは、最近では「ゴルフ・パラダイス」として注目を集めています。
 中でも「一度はプレイしてみたい」とゴルファーの羨望を集めるのが、名門『タイカントリークラブ』。1996年に創設、翌年開かれたホンダクラシックではタイガーウッズ選手海外初優勝の舞台ともなったコースとして知られ、バンコク市内から車で約1時間とアクセスも抜群。一年を通じて多くのゴルファーがプレーを楽しんでいます。
 コースレイアウトは多彩で似たようなホールがなく、面白味があると評判。微妙なアンジュレーションが続くフェアウェイや絶妙な場所に作られたハザードなど、戦略性に富んでいます。特にグリーン周辺のラフはアプローチが難しく、プレイヤーの攻略魂をかきたてます。
 コースは水はけがよく、雨季や乾季を問わない良好なコンディションが自慢。ティーグランドは5種類あり、ビギナーから上級者まで誰もが楽しめるコースとして人気を博しています。こうした理由からタイのV・I・Pをはじめ各国の駐在員など、多くの人々もここでプレイを楽しんでいます。さらにペニンシュラグループが運営するクラブハウスは4,000㎡もの広大な敷地を有する優雅な空間。スタッフのサービスにも定評があり、一流のホスピタリティにもきっと満足することでしょう。

タイマッサージやスパがお楽しみ 高級ホテルで優雅な滞在も

luxury デュシタニ バンコク(一例)

 充実したアフターゴルフもタイの楽しみのひとつ。疲れた体をゆっくりと癒すなら、タイマッサージやスパがおすすめです。宮廷医療としての歴史もあると言われるタイマッサージは、指圧や四肢を曲げ伸ばすストレッチなど施術方法も豊富です。体の疲れをほぐしたら、おいしいタイ料理も。香草をたっぷり使ったサラダや酸味と辛味が絶妙なトムヤムクンなどを楽しみましょう。
 バンコクはホテルの選択肢が大変多くバリエーションも豊富。ゴルファーの方にはハイグレードなホテルがお薦めです。個性豊かにハイセンスなタイ・ホスピタリティーに迎えられ、上質で優雅な空間と時を過ごすことができます。

①バンコク 華やかな大都会の賑わいと、厳かな仏教文化が調和した都市。「東南アジアのハブ」として国際都市の顔も見せる。
②パタヤ バンコクの南東にあるアジアを代表するビーチリゾート。年間を通じてマリンスポーツを楽しむことができる。
③チェンマイ タイ第2の都市チェンマイは、「北方のバラ」とも称される美しい古都。避暑地としても人気が高い。
④プーケット タイ最大の島で、世界有数のリゾート地。美しい海だけでなく、熱帯気候のジャングルを体験することもできる。
Sightseeing 魅力あふれるタイの都市 ①Bangkok(バンコク) ②Pattaya(パタヤ) ③Chaiang Mai(チェンマイ) ④Phuket(プーケット)
日・タイ修好130周年記念タイ政府観光庁杯バンコクゴルフコンペ開催! 3月13日、タイ屈指の名門コース「タイカントリー」にてゴルフコンペを開催しました。たくさんのご参加ありがとうございました。
イラスト

企画・制作/中日新聞広告局

2017年03月13日

旅コラム
国内
海外