【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ナゴヤOLのドキドキ自転車日記
  4. 2泊3日☆弾丸☆大分サイクリング&トレッキングツアー その2

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 国内ブログ

旅ブログ 国内ブログ
ナゴヤOLのドキドキ自転車日記国内ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

2泊3日☆弾丸☆大分サイクリング&トレッキングツアー その2

2010年3月13日

前回に引き続き、大分弾丸トラベルをお伝えします!
 
次に向かったのは、新日本三景の1つにも選ばれている、
中津市の耶馬渓。
ここには数10年前に廃線となった路線を利用した、
「メイプル耶馬サイクリングロード」が作られています。
 
某新聞社で行ったサイクリングロードランキングでは
1位に輝いたこともあるという、名実ともに名高い自転車道!
DSCN0417.jpg
 
コース沿いには乗り捨てOKの場所も設けられていてるから、
クルマで来たときにもぴったりです。
自転車も、ママチャリやタンデムから本格的なロードバイクまで
いろいろ揃ってて迷っちゃうな〜。
 
 
普段乗らないロードバイクに決めたら、
片道10kmの「本耶馬渓」に出発♪
 
...の前に、かるーく腹ごしらえしときましょ。
 
なぜか中津市の名物になった「からあげ」!
この中津市一帯は有名チキンチェーン店ですら、
撤退をしてしまったというからあげ天国で、
街のいたるところに「からあげ屋」が。。
いても経ってもいられません!
 
昔ながらの店がまえがステキな「おきな」で
思わずパクリ!
DSCN0411.jpg
 
にんにくがきいた肉汁たっぷりのお肉☆
ボリュームもしっかりあって、世は満足じゃ(^^)
 
ようやく走り出したら
見つけた!石造りの鉄橋。
DSCN0426.jpg
 
クラシカルな雰囲気のトンネル!
u1c1r.jpg
 
菜の花のパレード♪
DSCN0444.jpg
 
川沿いの1本道を走り抜けて、
本耶馬渓に到着です!
 
本耶馬渓と言えば、かの有名な青の洞門がある場所。
修行の途中でこの地に寄った禅海和尚が、
通り抜け困難な耶馬渓に、安全な道を作ろうと
たった一人、ノミ1本で掘ったトンネルが残っています。
DSCN0456.jpg
 
最初は誰も耳を貸さず、
それでも思いを貫抜いたんだなと思うと
胸が締め付けられます(><)
 
禅海さんのキモチを胸に、
帰りの10kmはひたすら上り坂だ(笑)
がんばらればっっ。
 
 
ちょっと遅刻気味で到着したら汗だくだく!
でも路線を使っているだけあって、
途中で途切れることなく走れるのは◎◎
 
 
 
つぎは今日の宿泊先・温泉地としても有名な
日田市へ向かいます。
 
三隈川の屋形船で揺られながらの夜ごはんは
日田のご当地グルメ、「日田どん鍋」。
DSCN0463.jpg
 
日田どん鍋を名乗るには、
・鍋にオリジナルのネーミングをつける
・スープには日田産のものを必ず一つ以上使うべし
・野菜は日田産野菜を使う
・メインは、大分県産を使う
・食器には小鹿田焼を使う
などの十か条が設けらていて、
鍋の内容が自由なのがおもしろい!
 
私の食べた鍋には、
たっぷりの野菜にう巻き、鶏肉
それに大分産の「梨」が入ってましたよ。
スープに甘みがとけ込むのが
おいしさの秘密なんだって。驚きでしょ。
DSCN0467.jpg
 
[オマケ]
夏には「鵜飼」も行う三隈川。
こんなロマンチックな演出もできるそう☆★
恥ずかしがりやのあやフィスには
ちょっとレベルが高いかなー。。。
DSCN0466.jpg
 
 
明日は日田市の伝統ある町並み・豆田町へ向かいます!
 
← 前へ 一覧 次へ →

プロフィール

ナゴヤOL

ママチャリからロードバイクまで、自転車をこよなく愛する女子4人組「チャリフィス」がお届けする旅日記。ふだんはOLとして働いている私たちですが、週末にはびわ湖を一周したり、能登半島を制覇したりと、情熱だけで日本全国を愛車とともに駆け巡っています。北海道、沖縄…行きたいところはまだまだいーっぱい 夢はツール・ド・フランス出場!? 女の子自転車ビギナーたちの、成長記録をお楽しみください。

左から、よしフィス、なわフィス、あやフィス、なぎフィス

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ