【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ナゴヤOLのドキドキ自転車日記
  4. ☆屋久島トレッキング☆縄文杉目指して出発

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 国内ブログ

  • 猫さんを探して
  • 昇龍道・春夏秋冬さすらい旅

旅ブログ 国内ブログ
ナゴヤOLのドキドキ自転車日記国内ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

☆屋久島トレッキング☆縄文杉目指して出発

2010年8月 5日

メインイベント 『屋久島トレッキング』

 

当初は、
淀川登山口→宮之浦岳→新高塚小屋泊→縄文杉→→ウィルソン株→白谷雲水峡
のよくばり縦走プランを希望した私たち。。。

しかし、登山ガイド暦うん十年の島一番のベテランガイドさんとの打ち合わせで、
「欲張らず、また来なさい。」と諭され、

★1日目
荒川登山口→小杉谷→三代杉→森林軌道→ウィルソン株→大王杉→縄文杉→高塚小屋キャンプ泊
★2日目
縄文杉→大王杉→ウィルソン株→大株歩道入口→三代杉→森林軌道→白谷雲水峡

プランに決定(^^)♪

 

P1080544.JPGam3:30 起床 半分寝たまま準備
am4:00 ガイドさんが迎えに来てくださり、
      登山バス乗車駅のある「屋久杉自然館前駐車場」に車をとめます。
am4:40 始発荒川登山バスに乗車(片道870円 往復1700円)
am5:15 一番乗りで 荒川登山口 に到着☆

混まないうちにとトイレを済ませ、早速朝食タイム。

そうこうしてると続々とツアーや団体の登山者が到着。登山道がカラフルなアリの行列のよう!!
せっかく早く着いたのに、出発しないガイドさんに、皆うずうす。。(早くいこーよー...)

しかし、どうやらガイドさんは、ゆっくりと自然を観察しながら歩くために
日帰りの縄文杉登山コースの人たちが行ってから出発する予定らしい。なるほどー^^

そういうことならばと、よしフィスの身長くらいあるんじゃないかと思われるガイドさんの大きなリュックをみんなで背負いあい、準備体操に精を出します。 ↓みて、この大きさの違い(笑) 左 ガイドさんリュック   右3つ 私たちのリュック(30ー45リットル)

 

P1080438.JPG am6:00 ようやく荒川登山口出発!!
      トロッコ道を歩いて、小杉谷へ向かいます。

P1080442.JPG いくつも橋を渡り、その川がキレイなこと。そして緑が澄んでて木漏れ日がきらきら。
おもわず深呼吸しまくってしまいます。↓この浮かれよう♪

P1080444.JPG am8:11 浮かれている間に小杉谷休憩舎に到着。

小杉谷は、昔、森林開発前進基地として栄え、
最盛期には、小中学校や個人商店や理髪店などもある133世帯540人の大集落だったそう。
小屋の横には、小中学校跡があり、校庭には現在も木が生えておらず、
桜の木が校庭の周りをぐるりと囲い、学校の面影が伺えました。

P1080464.JPGしばらく行くと。登山口以来のトイレが!P1080473.JPG
これは行っておかねば!と、思っていたよりキレイそうかも?!
と思いながら恐る恐る中へ。
山のトイレといえば、虫がいっぱいいて、においも強く、ぼっとん便所が定番。

しかし、中へ入ってびっくり。
ぼっとん便所じゃない!!臭くない!!便座が温かい!!!

なにやら、バイオトイレと言って
「おがくず」が便槽に入っており、それをヒーターで加熱しながらスクリューで攪拌させると、
排泄物に含まれるバクテリアが効率よく繁殖し、屎尿を素早く分解してくれる上に、
熱によって病原となる大腸菌は死滅するという仕組みのトイレとのこと。

覚悟は出来てたものの、やはりきれいだとうれしい&安心。                        

               P1080474.JPG

 

 

  トイレを済ませた辺りから、屋久杉?と思われる巨木がちらほら。
屋久杉は、樹齢1000年以上の杉だけを言い、1000年以下を小杉、植林の杉を地杉と言うらしい。
屋久杉に満たなくても十分大きい!!
トロッコ道を滑らないようにと足元ばかり気にしていたけど、
大きすぎる杉のてっぺんも気になるし、シカにも会いたいし、と
見るところいっぱいで忙しい忙しい(笑)

もののけ姫に出てくる「シシ神様」!!あやフィスが横でモノマネしてくれます。
よくよく見ると見えるでしょ?

 

  P1080467.JPG ヤク鹿もみーーーつけた(^o^)P1080469.JPG am9:15 三代杉 到着
樹高38.4m、胸高周囲4.4m。
一代目が約2000年で倒れ、倒木更新による二代目が約10 00年で江戸時代に伐採され、
その上に切り株更新した三代目が樹齢数百年になっているという その名も三代杉。
屋久杉の世代交代の仕組みを示す好例として保護されているそう。
大きい!空洞の中に入ってみるとさらに大きい!!

 

P1080482.JPG

みどころたくさんで 小腹も減って、休憩タイム☆★

ガイドさんが用意してくれたよもぎ餅をいただく。
登山者にはもってこいの腹持ちのいい保存食なんだって。クセになる味。

P1080491.JPG

お腹も満たされ、日が昇り気温も上がる。。歩けば歩くほど暑い。。
するとガイドさん「その つるつるの木に抱きついてごらん♪」

その様は次回!!

 

なぎフィス

 

← 前へ 一覧 次へ →

プロフィール

ナゴヤOL

ママチャリからロードバイクまで、自転車をこよなく愛する女子4人組「チャリフィス」がお届けする旅日記。ふだんはOLとして働いている私たちですが、週末にはびわ湖を一周したり、能登半島を制覇したりと、情熱だけで日本全国を愛車とともに駆け巡っています。北海道、沖縄…行きたいところはまだまだいーっぱい 夢はツール・ド・フランス出場!? 女の子自転車ビギナーたちの、成長記録をお楽しみください。

左から、よしフィス、なわフィス、あやフィス、なぎフィス

コメント(2)

はじめてコメントします。
今度、屋久島に行こうと考えているのですが、いいガイドさんを探そうとしてたらたどり着きました。
高塚小屋キャンプ泊みたいに、途中で一泊できるツアーやガイドさんを探しているのですが、チャリフィスさんはどこでガイドさんを探したのかよければ教えて下さい。
ちなみに、チャリフィスさんは自転車イベントで何度か見かけており、一度だけお話したこともあるんですよ。笑
いろんな場所を自転車で走ってるみたいでとてもうらやましいです。これからも楽しみに読ませてもらいたいと思ってます。

なが | 2010年9月17日 22:39

ながさん

初めまして!コメントありがとうございます。

屋久島のガイドさんは観光教会のHPで探しましたよ。
あと直接協会に電話をして希望を伝えると、プランに合った方を紹介いただけた気がします(定かではないですが…)。

ながさんも自転車いつお話したんでしょうか?気になります…。
また別の機会でお会いできたら、教えて下さいね!

ナゴヤOL | 2010年9月17日 23:03

ぶらっ人お薦めツアー

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人編集部 @buratto_tabi