【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【スロヴァキア】社会主義の時代のクルマ

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
ブラチスラヴァ便り海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

【スロヴァキア】社会主義の時代のクルマ

2012年6月 4日

 社会主義の時代につくられたクルマは、いまではもうずいぶん数が減りましたが、それでもまだ現役で走っているのを見かけます。クルマとともに年を重ねたお年寄りばかりではなく、おしゃれに乗りこなしている若者もいます。

slovakia_20120604.jpg 写真はシュコダというチェコのメーカーのクルマで、エンジンが後方、ふつうはトランクにあたる部分にあり、前のエンジンがある部分はトランクになっています。ポルシェ911などと同じリアエンジン・リアドライブ方式(RR)です。
 
 社会主義の時代、このクルマに乗り、プラハとブラチスラヴァを往復したことがあります。エンジンが後ろにあるので室内はうるさく、オイルの匂いがした記憶があります。途中でオイルが噴き出して故障し、それでも走らせているのを見て、なんだかすごいと感じたのを覚えています。
 
 ブラチスラヴァの街角に当時のクルマが止まっていたりすると、時間が止まったままになっているように感じることがあります。1989年の革命で社会主義が終わり、人びとの暮らしは大きく変わりました。しかし、本当はなにも変わっていないのかもしれないとふと感じることもあります。
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ