【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【スロヴァキア】コシツェ紀行 4(牢獄だった博物館)

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
ブラチスラヴァ便り海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

【スロヴァキア】コシツェ紀行 4(牢獄だった博物館)

2012年10月22日

 中央通りから路地を一本入った行き止まりのところに、コシツェ歴史博物館があります。ここはかつて街を守る城壁があった場所にあたり、博物館の建物は当時、城壁と一体化していました。そして、この建物はかつて牢獄でした。

slovakia_20121022.jpg 女子用と男子用に分けられた牢屋のほか、拷問の部屋が再現されています。拷問の仕方を描いた中世の絵をあわせて展示しています。それよりもどのような拷問を加えたか、詳細に記した分厚い記録が当時の状況をいまに伝えているように感じました。

 拷問とはいささかグロテスク趣味な気もしますが、中世、法律の整備が進むにしたがい、裁判にあたって「自白」が重視されるようになりました。そこでさまざまな拷問が行われるようになったのです。もちろん今日の法律ではそうした「自白」は違法です。

 建物の壁面には、17世紀から18世紀のものとされる落書きも残っています。人間の考えることや、やることは、むかしから変わっていないようです。

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ