【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【ドイツ】フランクフルト滞在記3

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
ブラチスラヴァ便り海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

【ドイツ】フランクフルト滞在記3

2014年3月31日

 ヨーロッパ各地ですっかり日本が定着しているのを感じます。国によって、あるいは街によって熱にちがいはありますが、日本が人びとの生活に浸透しています。
slovakia_20140331.jpg
 きっかけは寿司への関心だったと思うのですが、スーパーのアジアコーナーには海苔や醤油、わさび、巻きすなどが並び、よく切れると、日本の包丁も一般的になりました。

 すると「寿司ばかりが日本料理ではない」と言い出す人がいて、さらに日本への興味が深まっていきます。

 日本語の「カワイイ」の意味がわからないと言っていたヨーロッパの人たちですが、いつしか「カワイイ」からとサンリオのハローキティが流行します。忍者に対する関心の強さも驚かされます。

 でも、たとえばフランクフルトの刃物屋さんで売っている日本刀の鞘に、「徳川家康」と名前が書かれているのを見ると、なんか変だなあと思います。

まあ、きっと日本人が生活に取り入れるヨーロッパ的なものを、そんなふうに感じるヨーロッパの人も少なくないのでしょうね。
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ