【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【チェコ】原爆ドーム建築家の故郷

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
ブラチスラヴァ便り海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

【チェコ】原爆ドーム建築家の故郷

2014年10月27日

 ナーホトはプラハの南東、ポーランドとの国境近くにある街です。国境を守るために発展したといわれています。

slovakia_20141027.jpg

 街は教会が真ん中に建つ広場を中心に広がっています。その広場を見下ろす高台に城があります。城が建立されたのは13世紀のことです。
 
 広場には20世紀初頭に建てられたアール・ヌーヴォー様式の建築が目につきます。なるほどナーホトは、広島の原爆ドーム(広島県物産陳列館)をつくった建築家ヤン・レッツェルの生れ故郷なのです。
 
 レッツェルはプラハのヴァーツラフ広場にあるアール・ヌーヴォー様式のホテル「ホテル・エヴロッパ」を設計したことで知られています。
 
 日本には1907年から23年まで滞在し、幅広く活躍しました。しかし、関東大震災で被災し、また彼の設計した多くの建物が崩壊してしまいました。
 
 ナーホトの街を歩きながら、100年以上前、ここからあの原爆ドームの建築家がはるばる日本に旅立ったのかと興味深く考えました。
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメント(2)

こんにちは!
29日から2週間ほどブラチスラヴァにいます(^^)
1年ぶりの渡欧です。
今回はベルギーのブリュッセルにも遊びに行く予定です。

テラマリ | 2014年10月27日 21:22

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ