【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【チェコ】一枚のタイルから

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
ブラチスラヴァ便り海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

【チェコ】一枚のタイルから

2015年3月16日

 プラハ郊外の駅舎の床には一面、タイルが敷き詰められています。そのいちばん目立つ場所に、「バールタ&ティヒー プラハ」という銘を見つけました。

slovakia_20150316.jpg

 調べてみると、1899年に創業した実在の会社でした。アール・ヌーヴォー様式がプラハの街を彩りはじめた時期に重なります。そのなかで会社はだんだん大きくなり、建築資材を総合的に扱うまでに成長します。
 
 しかし、第二次世界大戦後に社会主義がはじまると、この会社も国有化されてしまいます。しばらくは創業していたものの、ほどなく廃業してしまいます。
 
 忘れられた存在だったわけですが、工場の建物自体は2013年まで残っていたようで、You Tubeに壊される様子の映像を見つけました。何気なく気づいたことで、意外な歴史を見つけました。
 
 チェコでもスロヴァキアでも、古くて大きな廃工場をたくさん見かけます。どこも歴史と物語をもっているのだと思うと、なんともいえない気持ちになります。
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ