【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【ノルウェー】オスロ訪問 6

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
ブラチスラヴァ便り海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

【ノルウェー】オスロ訪問 6

2015年6月 1日

 ノルウェーといえば、画家ムンクを思い浮かべる人は少なくないでしょう。

slovakia_20150601.jpg

 ムンクはフィヨルドをはじめとするノルウェーの風景を作品のモティーフとし、またその心情を色濃く映しだしたとされる作品で知られます。
 
 オスロには国立美術館とムンク美術館の二カ所で、まとまった数の作品を目にすることができます。代表作は国立美術館に集まっていますので、まず国立美術館を押さえ、それからムンク美術館を訪ねるのがおすすめです(両者は離れた場所にあります)。
 
 ムンク美術館は、ムンク専門の美術館なので、実にマニアックに、その全貌を知ることができます。同じモティーフを何通りにも描いている作品がありますが、それを一堂に展示し、画家の試行錯誤をうかがい知ることができます。
 
 美術館を出て、オスロの街を歩いていると、まるでムンクの作品のなかに紛れ込んだような気分になってきます。
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ