【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【オーストリア】王宮前のロースハウス

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
ブラチスラヴァ便り海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

【オーストリア】王宮前のロースハウス

2015年8月17日

 観光客でいつもにぎわう王宮前に、一軒の、ひときわ目だつ建物があります。現在、ライファイゼンという銀行が入っていて、その看板がファサードに金の文字で掲げられています。
 

slovakia_20150817.jpg

 この建物を設計した建築家の名前は、アドルフ・ロース。20世紀はじめに活躍した建築家の代表作が、このロースハウスで、1910年に建てられました。
 
 王宮の目の前に突如、出現した近代的な建築に、そのころのウィーン市民は嫌悪感をあらわにしました。
 
 ロースは「装飾は罪」だと考え、機能的な建築を模索しました。過度の装飾が施されたアール・ヌーヴォー様式(ウィーンではセセッション様式と呼ばれます)が人気を集めた当時、ロースの考えはまるっきりその反対になります。
 
 そんなロースの建築も、不思議なもので、いまの目で見ると端正な古典性を感じます。
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ