【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【オーストリア】ウィーンのユダヤ人

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
ブラチスラヴァ便り海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

【オーストリア】ウィーンのユダヤ人

2015年9月28日

 オペラ座の裏手から王宮に向かう道の途中、ちょうどアルベルティーナ美術館の前のあたりに、不思議な像があります。
 ひざまずきながら道をこする老人像は、ウィーンで暮らしたユダヤ人を描いています。なんとも屈辱的な姿ですが、実話に基づいています。鉄条網が身体に巻きつけられているのは、逃れられない運命を暗喩しています。
 
 オーストリアは第二次世界大戦中、ドイツに併合されました。この間、ウィーンに住む6万5000人あまりのユダヤ人が絶滅収容所に送られ、生き残ったのはわずか2000人あまりだったといわれています。
 
 ナチスの反ユダヤ主義が背景にあるのですが、その根源には戦前、多くのユダヤ人が成功者として社会の中心を占めていたことへの反発がありました。
slovakia_20150928.jpg
 ヨーロッパを理解するうえで、ユダヤ人の問題を把握することはきわめて重要な課題です。
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ