【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【オーストリア】ウィーン自然史博物館の壁画

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
ブラチスラヴァ便り海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

【オーストリア】ウィーン自然史博物館の壁画

2016年3月28日

 日本が外国をどのように見ているのか、その歴史的な変遷を考えるのは、なかなか興味深いものがあります。その反対に、日本が外国からどのように見られているかもまた、おもしろいテーマです。

slovakia_20160328.jpg

 ウィーン自然史博物館の膨大な収蔵物を見ていて、いちばん興味深く思えたのは展示よりも、建物にある壁画でした。各国の風景が一枚の絵になっているのですが、日本もありました。
 
 選ばれたのは、鎌倉の大仏でした。左側にインドのタージマハル、右側にサマルカンドのモスクをしたがえ、中央に大仏が座っています。顔がやや細面だったり、山が迫りすぎていたり、実際とはちがう印象もありますが、そこがまたおもしろいところです。
 
 博物館のオープンは、いまから130年ほど前の1889年。おそらく絵はがきかなにかを参考に描いたのでしょうけど、なかなかいい味を出しています。ネットで検索すれば、あらゆる画像が見つかる時代に比べ劣っているかといえば、そうともいえないと思います。
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ