【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【チェコ】残念な日本語の落書き

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
ブラチスラヴァ便り海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

【チェコ】残念な日本語の落書き

2016年10月31日

 プラハの地下鉄駅を出たところに、「沼原」と読める、大きな落書きがありました。おそらく日本人名なのでしょう。それを見て、とても残念な気持ちになりました。
 

slovakia_20161031.jpg

 たしかにプラハは落書きの多い街で、せっかくのきれいな街並みも台なしです。しかし、なにが書いてあるか、チェコ人にさえわからない暗号のようなものが多く、それはそれでプラハの今を物語っているように思っていました。
 
 そんななかに、いきなり漢字の落書きを見つけ、目が点になりました。これがはじめてプラハに現れた日本語の落書きではないかもしれませんが、少なくともぼくが見たのははじめてだったので、強い衝撃を受けました。そして、恥ずかしく、申し訳なく思いました。
 
 2014年には国民劇場に落書きした日本人が器物損壊容疑で逮捕されています。軽い気持ちでやったのでしょうから、「沼原さん」、どうか早く消してください。
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ