【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【チェコ】高い天井との関わり方

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
ブラチスラヴァ便り海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

【チェコ】高い天井との関わり方

2017年4月10日

 欧州の建物は、大きく戦前にさかのぼるものと、戦後に建てられたものに、大きく分かれます。区別は一目瞭然。戦前の建物は、巨人が住む家ではないかと思えるほど、天井が高いのです。

slovakia_20170410.jpg

 天井が高いと、電球一つ変えるのもたいへんです。いったいどうやるのだろうと常々、思っていましたが、プラハの街を歩いていて、玄関口の電気工事をしている人に出会いました。
 
 どうやるのかと思って見ていたら、階段に梯子をめいっぱい伸ばし、その上に立って作業しているではないですか。下では梯子が倒れないよう、支える人がいます。高所恐怖症には、ちょっとむずかしそうな仕事ぶりです。
 
 天井が高いことを活用し、リフォームで中二階状の部屋をつくって暮らすプラハッ子もいます。それでも十分、生活できるのですから、どれだけ天井が高いか、想像できるでしょう。
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ