【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【スロヴァキア】レトロバス

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
ブラチスラヴァ便り海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

【スロヴァキア】レトロバス

2018年7月30日

 なにかイベントがあると、ブラチスラヴァの路線バスにレトロバスと呼ばれる旧式のバスがよく走ります。

slovakia_20170730.jpg

 写真のバスはシュコダのカロサŠM11という車種で、1965年から1981年までの長きにわたってつくられていました。ほかにもトレーラーの改造版で、荷室が客室になっているシュコダ706RTTNや、卵のようなかたちのシュコダ706RTOなどのようにユニークなバスがあります。
 
 こうしたバスを見るにつけ、社会主義時代に生み出されたチェコスロヴァキアのデザインはつくづくおもしろいなあと感じます。もっとも椅子は最低限のクッションだったり、跳ねるような乗り心地だったり、排ガス臭かったりするのですが、そうしたものを含めて楽しむのがレトロの醍醐味かもしれません。
 
 カロサB741は社会主義後の91年からつくられたバスで、昨年まで現役で走っていました。レトロというよりただのポンコツにしか思えなかったので、人間の感受性とはなかなかむずかしいものです。
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ