【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【ハンガリー】本の屋台

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
ブラチスラヴァ便り海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

【ハンガリー】本の屋台

2018年12月24日

 街から昔ながらの本屋さんが姿を消すのは日本ばかりではなく、世界共通の現象です。古書店もすっかり少なくなりました。プラハはかつて古本屋の街でしたが、いまはもう見る影もありません。

slovakia_20181224.jpg

 本は元来のんびりとした商いで、ゆっくり、少しずつ売れていく性格のものだと思います。しかし、時代の流れが速くなるにつれ、うまく嚙み合わなくなってしまいました。それで読みたいと思っていた本が出版されても、なかなかその存在に気づかないなんてことも増えた気がします。
 
 ブダペストの街角で本の屋台を見かけたとき、なんかいいなあと思いました。本とはあまり関係のないような場所にぽつんとあったので、余計驚かされました。300フォリントの均一価格なので、およそ100円という値付けです。
 
 スロヴァキアやチェコにはクリスマスに本を贈る習慣がありますが、こうしたほんのちょっとしたことが本を手に取るきっかけになるようにも思います。
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ