【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【チェコ】ズノイモ紀行 機能主義建築

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
ブラチスラヴァ便り海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

【チェコ】ズノイモ紀行 機能主義建築

2019年4月 1日

 ブルノにあるトゥーゲントハット邸は、ドイツの建築家ミース・ファン・デル・ローエによる代表的な機能主義建築として知られています。
slovakia_20190401.jpg
 機能主義は、しかし、ミースばかりではなく、この時期の多くの建築家が取り入れ、プラハやブルノに家を建てました。トゥーゲントハット邸だけではないということです。

 ズノイモにもマレショヴァー邸という機能主義の家が眺めのよい場所にありました。ヤン・ヴィーシェクというブルノの建築家が、ズノイモの市長を務めたヨゼフ・マレシュのために、1931年から32年にかけてつくったものです。トゥーゲントハット邸は1928年から30年に建てられたので、時期的にも重なります。

 3階建ての建物は現在、会社が使っていて、外から眺めるしかありません。屋上があるなど、実に近代的なのがわかります。マレシュ市長がここに住んだのは1938年までです。ミュンヘン協定でズノイモがドイツに占領されたからです。そして、テレジーンの強制収容所で亡くなります。チェコの歴史を少しでもひもとこうとすると、決まってこうした悲劇に出会います。
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ