【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【スロヴァキア】イラクサの痛さ

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
ブラチスラヴァ便り海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

【スロヴァキア】イラクサの痛さ

2019年5月20日

 アンデルセンの童話に「白鳥の王子」というお話があります。白鳥になった王子がイラクサで編んだシャツで、魔法がとけるというものです。
slovakia_20190520.jpg
 イラクサというのは雑草で、ぼくの家の庭いつもはえています。ヨモギに似ているので、草餅でもつくるかと匂いをかごうとしたら、触ったとたん、ものすごい痛みが走りました。以来、わが家では「痛い痛い草」と呼んでいます。その痛みはしびれをともない、触ってしばらくつづきます。
 この痛みは葉や茎にあるとげに含まれるアセチルコリンとヒスタミンの仕業です。そんなこともあって、イラクサを見ても近づきたくないのですが、この葉を摘んでいる人をときどき見かけます。
 なんともお騒がせなイラクサ、花粉症に効能があるとされるお茶にしたり、スープやソースにします。ピューレにしたソースをかけたパスタをご馳走になったことがありますが、これがまたものすごくおいしく、びっくりしました。

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ