【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【チェコ】白くなった国民博物館

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
ブラチスラヴァ便り海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

【チェコ】白くなった国民博物館

2019年9月 9日

 プラハのヴァーツラフ広場はさまざまな歴史の舞台となりました。1918年にチェコスロヴァキアが独立したときも、共産体制が崩壊したときも、広場を市民が埋め尽くします。
slovakia_20190909.jpg
 ヴァーツラフ広場の景観の特徴となっているのが、いちばん奥手にひかえる国民博物館です。この建物が建てられたのは1885年から1890年にかけてのことですが、博物館自体は1818年にさかのぼります。

 国民博物館は2011年に閉鎖され、修復がなされてきました。第二次世界大戦中や、1968年のチェコ事件の際に受けた攻撃で、銃弾のあとが残ったりしていたからです。それが昨2018年に部分的にオープンしたのにつづき、今年になって新たな姿を露わにしました。

 長年の風雪にさらされて建物はすっかり黒ずみ、それが却って風格を出していました。そのせいもあって新たな姿は真っ白に見えます。まだ見慣れないので「あれ、なんかおかしいぞ」と思ってしまうのですが、そのうち違和感をもたなくなるのでしょうかね。
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ