【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【スロヴァキア】社会主義時代の布

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
ブラチスラヴァ便り海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

【スロヴァキア】社会主義時代の布

2020年5月18日

 社会主義の時代、チェコスロヴァキアは繊維産業でも知られていました。


slovakia_20200518.jpg
 必ずしも質がよかったわけではありませんが、困難な時代にあって精一杯の工夫をし、印象的なデザインの生地がつくられました。その一部がブラチスラヴァにあるスロヴァキア・デザイン・センターに収蔵されています。

 こうしたデザインがいま、レトロと呼ばれ、社会主義を知らない若い世代に人気を集めています。1970年代ごろの世界的な世相を色濃く反映しているように思えるものが少なくありません。

 なかにはデザイン、品質ともにすぐれているものがあり、細々とでも技術の継承をおこなっていたのではないかと思わせます。

 1989年に社会主義が終わって中国などでつくられた衣服がなだれ込み、残念ながら繊維産業は競争力を失っていきました。それでもコロナウイルスの影響でマスクを着用するようになると高性能フィルターを開発して自社生産するなど、底力を見せています。
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ