【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【スロヴァキア】古い写真が語る歴史

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
ブラチスラヴァ便り海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

【スロヴァキア】古い写真が語る歴史

2021年5月10日

 日本人の目からすると、ヨーロッパの古い街並みに、なんとなく中世の面影を見て取ることが多いかと思います。
slovakia_20210329.jpg
 でも、古色蒼然とした教会の尖塔が実際には意外に新しく、19世紀後半から20世紀前半に増設されたものだとの事例は少なくありません。プラハ城を特徴づける尖塔にしてもそうです。

 あるべきものが街から消えた事例もあります。シナゴーグ(ユダヤ教会)はそのひとつです。ホロコーストによって住人を失い、取り壊されたり、別の建物に転用されたのです。

 ブラチスラヴァの旧市街に聖マルティン大聖堂と隣合わせるようにしてあったシナゴーグ(=写真)も、戦後1960年代に壊されてしまいました。道路工事が目的でした。

 比較的最近なこともあって、写真がいくつも残されています。そうした写真を見ていると、いまとはまったくちがう街の様子が見えてきます。リアルな歴史をいまに伝える、最高の観光ガイドです。
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ