【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. 韓国・釜山パラム
  4. 釜山のシンボル(その1)☆灯台

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

韓国・釜山パラム

旅ブログ 海外ブログ
韓国・釜山パラム海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

釜山のシンボル(その1)☆灯台

2016年9月22日

韓国有数の港湾都市として知られる釜山。釜山のシンボルのひとつに「灯台」があげられます。私は日本で灯台を意識することはありませんが、釜山に戻り、視界に灯台が入ってくると、「ああ、釜山!」と感じます。現在、釜山には灯台が合計96基あり、影島、五六島、加徳島に設置されているものが有人で、残りの93基は無人だそうです。そのなかで私のお気に入りは、海雲台の東にある小さな漁港「青沙浦」に建つ、赤と白のツインの灯台です。快晴の日には、青空と赤と白の灯台が美しいコントラストを見せてくれます。また、影島の灯台は太宗台公園にあり、観光時に間近で目にできます。海雲台の冬柏島の冬柏公園の突端にも灯台が建ち、記念撮影をする人々の姿も見られます。そして、釜山には灯台にちなんだものもたくさんあります。釜山市指定のタクシーブランドの名は「灯台コール」で、灯台のイラストとオレンジの行灯が目印です。また、人気スポットの東釜山ロッテモールには「灯台展望台」があり、松亭の海や周辺の風景が一望できます。みなさんもぜひ、釜山ならではの灯台を楽しんでみてください。

9233.JPG

☆青沙浦の灯台。白い灯台側から写してみました

9234.jpg

☆青沙浦のAngel in-us Coffeeのテラスから灯台を見るのが好きです♡

9232.JPG

☆冬柏公園の灯台。夕刻の空の色調も美しいです

9231.JPG

☆東釜山ロッテモールの灯台展望台。展望台の高さは約55mです(無料)

 

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

桃井のりこ

桃井のりこ

プロデューサー・編集者。
2009年より「勝手に釜山PR大使」として活動を開始、2010年秋には釜山広域市より表彰を受ける。
フリーペーパー「釜山びより」「大邱びより」発行人。
小牧生まれの札幌育ち、東京在住。現在は東京と釜山を行ったり来たりの生活で、そして、マッコリが大好き。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ