【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. 韓国・釜山パラム
  4. 秘かな楽しみ!まかないグルメ

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

韓国・釜山パラム

旅ブログ 海外ブログ
韓国・釜山パラム海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

秘かな楽しみ!まかないグルメ

2016年10月12日

私の釜山での楽しみの中に「まかないグルメ」があります。豪華な韓定食や超高級の韓牛カルビも大好きですが、普通の人が食べている家庭的な食事のおいしさにも惹かれます。釜山では、顔見知りの食堂や商店の前を通りかかり、たまたま、みなさんの食事時にぶつかると「ごはん食べたの?(すでに食べていても)ほら、一緒に食べていきなさい」と声をかけられ、まかない食をごちそうになることがあります。「明日、オリタン(鴨肉のスープ)を朝から仕込むから、11時に食べに来なさい」と、特別料理を前もって知らせてくれる店主もいます。どれも家庭的で素朴なおいしさが魅力ですが、ふだんテキパキ働いている人たちのオフの表情を目に、他愛ないおしゃべりをするのも楽しみになっています。また、社食や学食も大好きなので、ときおり体験させてもらいます。社食がない中小の会社では、みんなで外に食べに出るのがほとんどで、そんなときも仲間に入れてもらいます。ちなみに社食がない場合、会社が近所の食堂と契約し「今日の定食」を出してもらう形もみられます。メニューに飽きないように、数ヶ月毎に契約する食堂を変えるそうです。見ていると昼食代は会社負担というところが、現在も大半でしょうか。これは「昼食は会社で、みんなで」という、昔からの韓国の文化からだと思いますが、最近では社食があっても「スターバックスに行ってきます〜」という、女子もちらほら見かけ、時代の流れをちょっぴり感じています。

P1.JPG

☆顔見知りの居酒屋のまかない。玄米入りのごはんがお気に入り

P2.JPG

☆これも同じ店。この日は魚介入りのテンジャンチゲ絶品でした!

B1.JPG

☆釜山市役所の食堂のコムタン。一般人も利用可能です

B2.JPG

☆別の日の釜山市役所でチャンポン&炒飯の中華メニュー5000W。ボリューム大

 

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

桃井のりこ

桃井のりこ

プロデューサー・編集者。
2009年より「勝手に釜山PR大使」として活動を開始、2010年秋には釜山広域市より表彰を受ける。
フリーペーパー「釜山びより」「大邱びより」発行人。
小牧生まれの札幌育ち、東京在住。現在は東京と釜山を行ったり来たりの生活で、そして、マッコリが大好き。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ