【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. 韓国・釜山パラム
  4. 秋の散策☆郷愁を誘う中央洞エリア

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

韓国・釜山パラム

旅ブログ 海外ブログ
韓国・釜山パラム海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

秋の散策☆郷愁を誘う中央洞エリア

2018年9月23日

繁華街 南浦洞に隣接する中央洞は、オフィスビルと街路樹が美しいオフィス街ですが、釜山郵便局の裏手の一画は釜山の歴史を感じるスポットです。このあたりは「40階段文化観光テーマ通り」として観光案内に出ていますが、小規模の印刷工場が並ぶ印刷通りも混在し、独特の空気を漂わせます。小高い丘の斜面に造られた40階段の付近は朝鮮戦争時、避難民が集まってきていた場所で、周辺にはその歴史を伝える看板やオブジェが設置されています。とくにコースを決めず、気の向くままに歩いていると、レトロな趣を残す理容室、ユニークな看板の飲食店や工房、こだわりのカフェ、ディープな雰囲気のコルモク(路地)など、おもしろい何かに出会えます。ひと味違う釜山を撮るのにも最適です。私も年に数回、一人で歩き、釜山が持つ多様な魅力を再認識しています。(地下鉄1号線中央駅13番または15番を出てすぐ)

IMG_1899.jpg

☆中央駅の13番、15番出口を出て、散策をスタート!

IMG_1900.jpg

☆汽車道、オブジェなどを目にするカフェのテラス席

IMG_1902.jpg

☆40階段の上から街を眺め、見晴らしがよかった昔を想像します

IMG_1903.jpg

☆昔風情の理容室、どこか斬新さを感じます

IMG_1904.jpg

☆洗濯屋さんの壁もアーティスティック!

IMG_1905.jpg

☆コルモクにあるレストランにも惹かれます

 

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

桃井のりこ

桃井のりこ

プロデューサー・編集者。
2009年より「勝手に釜山PR大使」として活動を開始、2010年秋には釜山広域市より表彰を受ける。
フリーペーパー「釜山びより」「大邱びより」発行人。
小牧生まれの札幌育ち、東京在住。現在は東京と釜山を行ったり来たりの生活で、そして、マッコリが大好き。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ